生活習慣病予防

糖尿病予防に効くローヤルゼリー

ローヤルゼリーの大切な成分の一つの「デセン酸」は膵臓のインスリンの分泌を刺激し、生活習慣病のひとつである糖尿病の予防に役立ちます。
◆糖尿病とはホントはなに?
血液中の糖(血糖)が体内で利用できず増えすぎてしまいう病気で、過剰な糖は全身の血管を傷つけます。
糖尿病の末期症状は、動脈硬化・血管がもろくなり失明(網膜症)・腎臓病・手足の壊疽・感染症といった合併症が起きるかなり深刻な病です。
膵臓から分泌されるインスリンは血糖を下げるホルモンで、食事の後、多くなった血糖を体内で消化します。
このインスリンの量が不足したり、効き方が悪くなったりすることで、2 型糖尿病が発病します。
過剰な糖質の取りすぎから来る 2 型糖尿病は、過食と運動不足などの習慣から来る生活習慣病の結果としても発病します。

◆ローヤルゼリーの効果は予防
デセン酸は、インシュリンの分泌を刺激するため、体内の糖代謝をサポートし糖尿病を発病しない為の予防効果が有ります。

◆結果としての糖尿病の元を改善するローヤルゼリー
肥満の原因はストレスから来る過食や、気分が落ち込むと自分を慰めるために甘い物を沢山取るのが原因となり、それが糖尿病を発病させることがあります。
運動しろと医師に言われても、何となくしたくない、やる気が出ない、無駄なんじゃないかと思ってしまうなど気分の問題も有ります。
ダイエットをしてやせようとしても、なんとなくやる気が続かない、がっかりして余計食べたがったりする事はないですか?
つい、何もすることが無くて絶えず口に入れるものを探している、などなど。
がんばって食事をコントロールしても、脂肪がつきやすく、血液検査では中性脂肪が常に高い数値を占めしているなど。
ローヤルゼリーは気分の落ち込みやうつなどにも効果が有り、心と意識を健やかに保つことと、血糖値を安定さえる働きで過剰な糖質の摂取を防ぎ、血行を良くし、筋肉を増やすことで血糖をエネルギーとして消化しやすくします。

◆ローヤルゼリーのバリヤー機能
イメージで言うと「バリヤー」でしょうか。
ローヤルゼリーの大きな効果は恒常性の維持、生命の根源である恒常性(正常に保つ)を継続させることです。

▼もっとローヤルゼリーについて詳しく知りたい方にはこちらのサイトもおすすめです。

このページの先頭へ