生活習慣病予防

生活習慣病予防にローヤルゼリー

◆ローヤルゼリーは何に効くか
今現在に臨床実験において有効とされているのは
血液の流れを良くする・血糖を安定に保つ・脂肪の沈着を防ぐ・骨密度を保つ・筋力の増加・コレステロールの減少・不定愁訴・抑うつの緩和(精神的疲労)・自律神経に作用・中性脂肪の減少に効果・抗菌活性・消炎・免疫系統に作用
心身共に免疫を高め抵抗力を付け、体の機能を一定に保つ働きがあります。

◆生活習慣病とは何か
生活するうえでついつい習慣になり、そこから疾病や病気になるものをさします。
人間は癖と習慣の生き物で、付いた癖を継続することで、負担がかかる部分が発病したり良くない症状が出ます。
例)○○すぎ・○○不足
食すぎ・飲みすぎ・太りすぎ・塩分取りすぎ・睡眠不足・運動不足・など
生活習慣病とは、規則正しい悪い生活の結果、負担がかかる部分が特出したものを指します。
生活習慣病の症例は肥満・糖尿病・高血圧・心臓病、メボリックシンドローム、脳卒中、脂肪肝

◆年齢を重ねると
若いエネルギーが溢れている成長期以降は、全体に少しづつ代謝が遅くなります。
体への負担はホコリが積もるように、一定の部分に負担が掛かるようになります。
若い人であっても気をつけなければいけないと語られる理由は、全く気が付かず臓器に負担が積み重なっていくからです。
年齢における細胞の活性化の衰えと共に、負担が掛かった臓器からの影響が出やすくなります。

◆抵抗力・抵抗力を付けるローヤルゼリー
ローヤルゼリーは臨床研究の成果から、科学的に有効で有るとされたものだけを取り上げても、素晴らしい効果が見られます。
心身共に内外からの刺激に対し、抵抗力を持ち、免疫系を発揮させる調整機能があります。

◆若い時から取ると良いローヤルゼリー
本当は子供の頃から少しづつローヤルゼリーをとりたいのが本音です。
大きく育つ成長の盛りにローヤルゼリーを取ることで、健やかな体の基礎を作れます。
成人してからは少しずつローヤルゼリーを取ることで、生活習慣病の予防やプレ・トリートメントの効果が期待できます。
二十歳をすぎた頃から、ローヤルゼリーを摂取することで、心身のストレスを軽減し健康な状態を維持できるでしょう。
年齢を重ねるごとに、取る量を少しづつ増加させると習慣病の予防になるでしょう。
▼こちらにも詳しくローヤルゼリーについて書いてあるので是非ご覧ください。

このページの先頭へ