生活習慣病予防

プロポリスとローヤルゼリーの違い

蜂の巣から採取されるので、ほとんど同じものだろうと考えられてるプロポリスとローヤルゼリーと蜂蜜ですが、実は大きく違います。
プロポリスとローヤルゼリーはなにが違うのかをご紹介します。

◆ローヤルゼリーとは
生命体の「恒常性の維持」に作用します。
ローヤルゼリーは、若いメスの働き蜂によって作られる貴重な女王蜂の生涯の餌です。
働き蜂が摂取した花粉と蜜を体内に取り込み腸で吸収し、咽頭腺から作られる分泌物です。
女王蜂を養う目的で分泌されます。
女王蜂は生まれた時には働き蜂と全く同じですが、この分泌物を生後4日目から食べ続けることにより、働き蜂とは全く違う生命体になります。

◆プロポリスとは
蜜蜂の巣の補修をする為の漆喰のようなもので、樹木の樹液が原料です。
プロポリスは、働き蜂が樹液(ワックス)や花粉などを集め、自分の体内の分泌物と混合させて作ります。
樹液とは樹木が傷を付けられると分泌するもので、外傷から身を守ろうとして出る液の事です。
プロポリスは人口では合成することができず、採集量としては蜂蜜が多く、ローヤルゼリーが女王蜂の餌、その後ほんのちょっぴりプロポリスが有ります。
プロポリスは巣のすき間を埋める材料として蜜蜂が使うものですが、最近では消炎、抗菌作用や異常細胞(がん細胞)の増加抑制・抗がん剤の副作用軽減、医薬目的で使用と研究がされています。

◆簡単に判るローヤルゼリーとプロポリスの違い
ローヤルゼリーは健康を維持し、ダメージを少なくします。
コントロール効果
プロポリスは悪い所を治癒させる働きが有ります。プロポリスは積極的に回復・治療に働きます。
治療効果

◆プロポリスとローヤルゼリーの効果的な取り方
プロポリスは抗酸・抗炎症作用が有効であることが臨床研究でわかってきました。人間が摂取すると不必要な細菌を死滅させる効果を発揮します。
はるか昔から天然の抗生物質として治療に使われてきました。
常日頃にはローヤルゼリーを常用し、健康をバリヤーで守りダメージを受けないようにします。体が疲労・風邪を引いた・具合が悪い、何らかの症状が出た始めた場合にはローヤルゼリーと合わせて取りたいものです。
また、ローヤルゼリーはアレルギーがあっても服用して良いのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.zenwareonline.com/arerugi.html

このページの先頭へ