生活習慣病予防

ローヤルゼリーで健康維持

ローヤルゼリーを飲んで健康に成った、体が楽になった、冷え性が良くなって運動ができるようになった、と良く評判になっています。
その理由と効能をご紹介します。

◆ローヤルゼリーの効能!
心身の全てのバランスの正常化(コレステロール・中性脂肪・動脈硬化など)
脳を活性化させる(抑うつ、無気力などの改善)
ホルモンの分泌を助ける(更年期に)
免疫力を高める
抵抗力を高める
消炎効果
抗菌作用
ローヤルゼリーに配合されている栄養素こちらの記事も興味深いです。

◆健康とは
健康とは健康を意識しない状態です。頭が痛いときには、頭と頭の痛みを意識します。
健康とは、健やかで穏やかな気分で生活ができることを指します。
ローヤルゼリーは「正常化」をする働きがあり、体の抵抗が弱くなっている部分にそっと作用します。
幼いとき、転んでしまうと大きな手がそっと抱き起こし、撫でてくれたのをご記憶されているかと思います。
ローヤルゼリーは健康をそっと見守る働きとバリヤー効果があります。

◆ローヤルゼリーを沢山取れば・・・
この物質は医薬品では無いため、服用後に症状がけろっと無くなる事は有りません、
がたっと病気の症状が顕著になる前の段階で、それを治そうとする働きが有ります。
大量にばくばく食べたら健康の塊になるだろうと考えるのは、人間の心理として当然です。
ローヤルゼリーの効果は崩れたバランスを整える働きで、空気のような存在をイメージされると良いかもしれません。
ローヤルゼリーを続けることで鬱病の予防にもなります。
また、気になるローヤルゼリーとはちみつの違いについての記事http://www.ramadasuite-seoul.com/hatim.htmlこちらも是非ご覧ください。

◆ローヤルゼリーの長く続けられる取り方
ローヤルゼリーを継続し、自分の体の調子と話し合いながら少しづつ増減しましょう。
健康維持に大きな効果が期待できます。
たまに飲み忘れてもかまいません。
忘れた分は後で飲めば良いくらいの感じで良いでしょう。
薬のようにきっちりと決め込まず、柔軟に考えましょう。

自分の体のコンデションと相談して、疲れたなと思ったら少し増やす、季節が変わって辛いときは少し増やし、楽な季節には少し減らすなど、自分で増減をコントロールしましょう。
ちょっと心が寂しかったり、辛いな疲れたなと感じたら、ローヤルゼリーをお飲みください。
ローヤルゼリーはメンタルの健康維持に臨床実験でよい結果が出ています。
脳の活性化や神経を整える作用が有り、心身共に辛い時にお役に立てます。
また、こちらのローヤルゼリーの選び方についての記事も参考になるかと思います。是非ご覧ください。

このページの先頭へ