生活習慣病予防

サプリメントで手軽にローヤルゼリー摂取

性別と年齢を超え、フレキシブルに有効で体の調子を整える働きがあるローヤルゼリーを積極的に取りたいものです。
◆ローヤルゼリーの事実と臨床実験
民間療法だったローヤルゼリーが、危篤状態だったローマ教皇を救いました。
1955年医学博士たちが国際医学会で栄養素の快挙を発表し、1958年には当人のローマ教皇が国際養蜂会議で効能を発表し、現在では世界中で臨床研究がされています。

◆何に効果が有るの?
臨床実験で立証され有効だと結果が出たものだけで、
疲労回復、血圧のコントロール、インシュリンのコントロール(糖尿病)、脂肪肝の予防、筋肉細胞の増加、筋肉の老化を防ぐ、冷え性・肩こり・耳鳴り・不定愁訴(気分の安定)・抗菌活性・中性脂肪の減少・免疫系への作用、抗アレルギー作用・アンチエイジング・抗炎症、外傷治癒、抗菌作用などです。
簡単にまとめると、体の不調を整える働きがあります。
またそのほかにも、スキンケアや肌や細胞の活性化に効果が有ります。

ローヤルゼリーの種類って?
生ローヤルゼリー
乾燥ローヤルゼリー フリーズドライなどの乾燥処理をしたもの
調整ローヤルゼリー 生タイプの重量が全体の6分の1以上あるもの

◆サプリメントの種類
サプリメントはカプセル、栄養ドリンク、錠剤などがあります。栄養ドリンクタイプには、主に熱処理の無い生のローヤルゼリーが配合されています。
生タイプは酵素が熱で破壊されていませんから、より高い効果が期待できます。
カプセルや錠剤の形状により配合される生・乾燥・調整と変わります。
乾燥タイプは熱処理され、ローヤルゼリーのたんぱく質を分解することでアレルギー症状のリスクが減り、アレルギーのある人には乾燥タイプは摂取することができます。
様々なローヤルゼリー製品を比較こちらの記事も参考になるかと思います。

◆ローヤルゼリーがダメな人
調整タイプは蜂蜜・乳糖・添加物が加えてあり、蜂蜜アレルギーがある方は気をつけてください。
女王蜂に成長させる成分はロイヤラクチンというたんぱく質ですが、まれに喘息や食物アレルギーを持つ人に対して、アレルギー症状が起こさせる事もあります。
また、より詳しくローヤルゼリーについて知りたい方はこちらhttp://xn--u9jtilezadk9he8488ea0399cuw9c.com/

このページの先頭へ